2007年02月25日

スティル初子誕生、09年デビューへ


メジロラモーヌ以来史上2頭目の牝馬3冠(03年)を達成し、同年の最優秀3歳牝馬に輝いたスティルインラブ(7歳)の牡の初子(父キングカメハメハ)が誕生した。生まれ故郷の下河辺牧場(北海道日高町)で19日午後9時ごろ出産。

母子ともに健康で、21日から元気に放牧されている。初産の上に予定日から約3週間遅れだったが、同牧場の下河辺行雄さん(35)は「母馬(スティルインラブの母ブラダマンテ)も遅くなることがありましたから。すぐに授乳させるなど本当に面倒見がよく、優秀なお母さんです」と話す。きれいな栗毛で現在の馬体重は50〜60キロ。「柔らかくてバネがあり、見ていてとても楽しい」と、早くも大物感十分だ。早ければ09年にデビューする。

2月25日9時7分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000003-nks-horse
posted by 競馬の神様 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34765095

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。