2007年02月26日

本田すっきり完全燃焼/阪急杯

<阪急杯>
◇25日=阪神◇G3◇芝1400メートル◇4歳上◇出走16頭
 
いぶし銀の騎乗でファンを魅了してきた本田騎手が引退の日、2勝を挙げてジョッキー人生を締めくくった。最後の騎乗となった阪急杯ではニシノデューに騎乗。スタートから果敢にハナを奪い、ラスト100メートルまで先頭に立って見せ場をつくった。「夢を見た。直線が長かった」。結果は6着だったが、現役最年長ジョッキーは悔いを残すことなく完全燃焼した。


 80年にデビュー。初騎乗はロビンソンシチーで2着だった。同馬で1年後には京都記念(春)を制した。騎手生活27年で通算757勝(重賞27勝)。G1はテイエムオーシャン、カワカミプリンセスなどで6勝を挙げた。「カワカミは、おれが乗った馬の中で一番強かった。今年は誰が乗るか分からないけど、大きいレースでいい競馬ができるはず。応援してあげて」。

 デビュー地の阪神で、引退式が最終レース終了後に行われた。騎手クラブのメンバーによる胴上げでは3度、宙を舞った。3月からは、兄と慕う西浦厩舎所属で技術調教師になる。「未練はないです。これからネクタイの結び方でも勉強しようかな」。本田厩舎の開業は、早ければ08年3月になる。

2月26日9時6分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000001-nks-horse
posted by 競馬の神様 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34763616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。