2007年02月26日

ジェニュインの半弟などが競走馬登録

22日付で、JRAに競走馬登録された主な馬は以下の通り。

◆グランプリヨロシク(牡3、栗東・松元茂樹厩舎)
父ダンスインザダーク、母レイサッシュ(その父パラダイスクリーク)
伯父にステイゴールド(香港ヴァーズ-香G1)、従兄にドリームパスポート(神戸新聞杯-GII)。

◆ストームホイッスル(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)
父ブライアンズタイム、母ラークホイッスル(その父Silver Deputy)
半兄にモエレソーブラッズ(兵庫ジュニアグランプリ-交流GIII)、半姉にペニーホイッスル(フェアリーS-GIII・2着)。

続きを読む
posted by 競馬の神様 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェイディ末脚に収穫/中山記念

<中山記念>
◇25日=中山◇G2◇芝1800メートル◇4歳上◇出走16頭
 
重賞初Vを狙ったエアシェイディは、逃げた僚馬ローエングリンをとらえ切れず2着だった。直線勝負に懸けて道中は後方に待機。ゴール前ではコース中ほどを突いて鋭く伸びたが、先に仕掛けたシャドウゲイトをかわして2着に浮上したところがゴールだった。横山典騎手は「仕方ないよ」と言葉少な。伊藤正師は「ローエンがいい逃げを打ったからね。中山でも末脚を生かすというシェイディの競馬ができるようになったし、収穫はありました」と話していた。

2月26日9時6分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000003-nks-horse
posted by 競馬の神様 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田すっきり完全燃焼/阪急杯

<阪急杯>
◇25日=阪神◇G3◇芝1400メートル◇4歳上◇出走16頭
 
いぶし銀の騎乗でファンを魅了してきた本田騎手が引退の日、2勝を挙げてジョッキー人生を締めくくった。最後の騎乗となった阪急杯ではニシノデューに騎乗。スタートから果敢にハナを奪い、ラスト100メートルまで先頭に立って見せ場をつくった。「夢を見た。直線が長かった」。結果は6着だったが、現役最年長ジョッキーは悔いを残すことなく完全燃焼した。


 続きを読む
posted by 競馬の神様 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローエングリン2年ぶり白星/中山記念

<中山記念>
◇25日=中山◇G2◇芝1800メートル◇4歳上◇出走16頭
 
古豪ローエングリン(牡8、伊藤正)が逃げ切り、05年4月マイラーズC以来の勝ち星を挙げ鮮やかに復活した。好スタートから余裕を持って独走。後続を寄せ付けず、このレースでは03年に続く2度目の勝利を飾った。2着にも同厩舎のエアシェイディ(牡6)が入り、伊藤正徳師(58)は3945戦目でJRA通算400勝を達成した。

続きを読む
posted by 競馬の神様 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。